こうよう会

採用情報

先輩職員インタビュー

先輩職員インタビュー
配属先
ホームゆうあい港南
体育大学体育学科 卒業
 
入社年次
2016年12月


こうよう会を選んだ理由

 こうよう会を選んだ理由  十数年前に心身障碍者のショートステイに職務していた頃、「グループホームに来ないか」と誘われましたが、「勤務が大変そう」という直感から断りました。横浜福祉人材センターでこうよう会を見付け連絡し、説明・実習をした事により、「親密に関わる事が出来る」と思い入職いたしました。


業務について

 こうよう会は、複数の福祉施設を運営しており、その中でも6ヵ所運営している 知的障害をもつ方々が入居されているグループホームに勤務しています。

 グループホームでは、入居されている方々の相談や話しを聞いたり、朝・夕の食事  提供など、普段ご家庭で生活している様な事をサポートし、明るく笑顔を絶やさな  いで、穏やかに生活出来る様に心掛けております。手探りをしながら信頼関係を構  築し、レクリエーション活動を通して、連帯感や人に対して優しさが芽生えればと 願っております。

やりがいや大変な所

 最初の頃は、入居者の方々との接し方や声掛けなど試行錯誤でありましたが、現在 に至っては、入居者の方々と一緒にいる事が楽しくストレスに感じた事が無く、 やりがいと思いやりをもって支援させて頂いています。

ある日のタイムスケジュール



15:00 
出勤
前日の記録や申し送り等を確認
15:30 
翌日の朝食の食材を近隣のスーパーで購入
16:00 
夕食の調理開始
食材業者からの配達。レシピもあるので安心!
17:00 
入居者が徐々に帰着
残業のある方もおり、帰着時間は人によって異なります
18:00 
~  
20:00 
入居者夕食
リビングでは、アイドルや乗り物、スポーツなど様々な話題が飛び交います!
自室でゆっくり過ごす人もおり、余暇の時間の過ごし方は人それぞれ…

事務作業
・買物した食材の精算等の事務作業
22:00 
入居者就寝時間
職員も仮眠休憩時間となります。
*シャワーを浴びることも可能です。
*仮眠休憩時は、きちんと睡眠も取れます。
5:00 
起床
朝食の調理開始
5:30 
出勤時間の早い人から朝食開始。
8:30 
共用部分(トイレ・浴室・台所等・廊下等)清掃。
9:30 
日報記載
*入居者の様子や次の勤務者への申し送りなどを記載します。
12:00 
電気・ガス等を切ったことを確認し、施錠確認をしてから退勤!

リフレッシュの方法など

先輩 大学から始めたアメリカンフットボール…。現在、社会人アメリカンフットボールのトップリーグであるXリーグでプレーしており、夜勤のない時は走り込みやウエィトトレーニングをして、自分を追い込みながらトレーニングをして過ごしていす。リフレッシュ?趣味?の域を越え、プライドをもってアメリカンフットボール選手をしております。

 入居者の方々には楽しく誠実に支援を、アメリカンフットボールではアグレッシブ にプレーしています。

 

 

 

先輩職員インタビュー2
配属先
ウィングワークス


こうよう会を選んだ理由

 見学や実習をさせて頂いた際に、利用者さんが仕事(作業)を通して給料(工賃)を稼ぐという目的の中で、活き活きと楽しく働いている姿を拝見して一緒に働きたいという思いから就職を決意いたしました。


業務について

 私が所属しているウィングワークスでは、利用者さんの作業として、施設外就労先として契約している企業様の倉庫で働くグループ、郵便物の配達(ポスティング)のグループ、事業所内で作業を行うグループの3つに分かれて仕事に取り組んでいます。

 各グループをそれぞれの職員が担当し、利用者さんと一緒に作業の段取りから検品及び納品まで行っています。

 基本的には、利用者さんと共に作業に取り組み、昼休みや作業の休憩時は利用者さんと世間話などを楽しみながら過ごしています。

ある日のタイムスケジュール



8:30~ 
出勤
9:00~ 
職員ミーティング、朝礼
9:15~ 
各作業へ(倉庫内作業、ポスティング、室内作業)
10:20~
休憩(15分)
12:00~ 
昼休憩(60分)
13:00~ 
各作業へ(倉庫内作業、ポスティング、室内作業)
14:20~ 
休憩(15分)
15:40  
作業終了、掃除
16:00  
利用者さん帰宅、事務作業
17:30  
退勤

やりがいや大変なところ

 約20名いる利用者さんは個性もそれぞれです。寡黙な方もいれば饒舌な方もおられます。日々変化する体調や気分、人間関係に合わせて対応を考慮し、それぞれの目標に向けた支援を行う事は難しく、常にどうすれば良いかと頭を悩ませながら業務に取り組んでいます。

 ただ、そのように悩みながら考えた支援で利用者さんにとって良い結果が出ている姿をみると「この仕事をやっていて良かったな」と感じます。